いくつになったら飲むべき?年代別酵素サプリのすすめ

酵素の効果が広く知られるようになったいま、酵素ドリンクや酵素タブレットなど、手軽に酵素を摂取できる健康食品が増えてきました。でも、「アンチエイジング」とか「美白」とかと違って、どんな人にどんな効果があるのかイマイチ分かりにくいですよね。

今日は、年代別に酵素サプリを飲んだ方が良い理由やその効果などを説明していきたいと思います!

10 代で飲む必要ってあるの?

10代の読者のみなさん、安心してください!10 代は、まだまだ若いので、潜在酵素(体内で作られる酵素)もたっぷりあります。酵素サプリは、体内酵素が減少傾向にある時に摂取する事で不足分を補う物ですから、体内酵素が足りている10代では、意識的にサプリやドリンクで補充する必要ないでしょう。

注意
酵素は主に寝ている間に作られます。体が持つからといって、夜更かしをし過ぎると、若くても酵素不足になってしまいます。サプリに頼る前に、まずは十分な睡眠をとりましょう。

20 代で飲むとその後の人生が変わるかも?

そもそも「潜在酵素」とは、食べ物の消化・吸収を担う「消化酵素」と、免疫力を上げたり、基礎代謝量を高めるはたらきの「代謝酵素」の二つを指します。この 2 つの酵素の量は、20 代でピークを迎えて、その後はぐんぐん減少してしまうと言われています。潜在酵素が減ってしまうと消化・吸収が悪くなるので消化不良を起こしやすくなり、また代謝が悪くなって冷え性になったり、太りやすくなったりします。

というわけで、20 代を境に潜在酵素は減少していきます。ピークだからまだ大丈夫?…備えあれば憂いなし!20代から意識的に酵素を摂る事をオススメします。

特に、20 代は、学生から社会人になり、生活のリズムが崩れやすくなります。また、お酒やタバコも解禁され、睡眠不足、運動不足…と体に悪影響を与える生活になりがちです。

そうすると、いつの間にか体内で酵素を作る時間がなくなり、体内年齢がぐーんと上がってしまいます。知らぬ間に脂肪が付き、知らぬ間に肌が荒れ…。

悪循環に陥る前に、積極的に酵素を取り入れましょう。酵素サプリやドリンクなら、忙しくても毎日続けられますよね!

30 代はダイエットに効果あり!

30 代は酵素不足による体調不良を実感しやすくなる年代ですよね。胃もたれしやすくなったり、肌がくすんできたり…。特に、30代になると、基礎代謝量が落ちやすいので、20 代の時と比べて、太りやすいのに痩せにくくなってしまいます。

ダイエットがうまくいかないのも、すべて酵素不足が原因です。体内で作られる潜在酵素の量が減ってきているので、意識的に酵素を摂らないと、代謝が下がってしまうのです。そうすると、摂取したエネルギーを燃焼しきれずに、脂肪として蓄えてしまいます。さらに、ついた脂肪は燃焼されないので、なかなか痩せられなくなってしまいます。

ダイエットしたい方も胃腸の調子が悪い方も、まずは酵素サプリを摂取してみて下さい。それだけで、体の調子が良くなるはずです!

40 代以降は……必須です!!

40 代以降は、普段からある程度気を付けている人でも酵素不足になりやすくなります。あるデータによると、40代の潜在酵素の量は20 代と比べて 50%も少ないそうです。ピーク時の半分になってしまうなんて、驚きですよね。

男女ともに中年太りになりやすかったり、加齢臭に悩まされるようになるのも、やっぱり酵素不足が原因です。

40代になったら、体の不調が現れる前に、日頃からしっかり酵素を摂っていきたいところです。酵素サプリやドリンクなら、野菜嫌いな旦那さんも飲んでくれるかもしれませんね。

酵素サプリを飲むタイミング

酵素サプリは薬ではないので、基本的には、どのタイミングで飲んでも構いませんが、1番効果的なのは食前の空腹時に飲むことです。そうすることで、食事中の消化酵素のはたらきを効率的に助けてくれ、消化・吸収がスムーズになり、代謝酵素もはたらきやすくなります。

酵素サプリを飲めば健康になるわけじゃない!?

ここまで、年代別に酵素サプリの効果と必要性をご説明させて頂きましたが、実は酵素サプリを飲んだからといって、すぐさま健康になれるわけではありません。

というのは、生活習慣が乱れていたら、いくら酵素を取り入れても、酵素が効率的に働けないからです。基礎代謝量が上がっても、運動不足のままでは痩せませんし、肉中心の食生活では、いくら酵素を摂取しても、消化器官はクタクタです。

まずは、通勤時や会社で意識的に階段を使ったり、疲れてない日は最寄駅より前で降りて歩いて帰ったり、少しずつ体を動かすようにしましょう。もともと運動が好きな方なら、ジムに通ってみるのも良いですね。

運動不足を解消すると、筋肉が付き、血の巡りが良くなるので、基礎代謝量も高まり、より代謝酵素の効果が発揮されます。

食生活が乱れがちな方は、胃腸を休める粗食の日を作ったり、食べる順番を工夫してみたり、続けられる程度の努力で良いので徐々に改善していきましょう。例えば、ご飯の前に生野菜をたくさん食べると、食事の全体量を落とせる上、糖の吸収が穏やかになるので血糖値も上がりにくくなります。

食生活を改善して胃腸の負担を減らしてあげると、消化酵素の効果も出やすくなります。

こうした小さな努力を積み重ねる事で、酵素サプリや酵素ドリンクの効果が最大限発揮され、70代、80代になっても健康的な体を維持できます。

サプリやドリンク以外からは摂取出来ないの?

正しい食生活を意識すれば、サプリやドリンクに頼らずとも食物酵素を摂取する事は可能です。1 日に必要な酵素の量を野菜に換算すると350gと言われていて、イメージ的には、生野菜なら両手に山盛り、加熱済みなら片手にのるくらいの量です。

一人暮らしだと特に、こんなに野菜を摂るのは難しいですよね。そういう時は、スムージーにして飲むという手もあります。1日に必要な酵素の量を果物で換算すると250gになります。これなら、朝と夜などに分けて、スムージーにして飲むと意外に飲める量です。ただ、スムージーは作って放置しておくと、雑菌が繁殖してしまったり、酵素が少なくなってしまうので、飲む直前に作りましょうね。

やっぱり食事で酵素を摂るのは難しい、面倒くさいと感じた方は、酵素サプリや酵素ドリンクでパパっと手軽に摂取しちゃいましょう。サプリやドリンクは簡単に摂取出来るだけでなく、不足しがちな栄養素なども含まれているので安心ですよね。

生活習慣を見直しながら、自分にあった酵素の摂取方法を見つけて下さい!